工場勤務でもカードローンでキャッシングOKなの?

一言で工場勤務と言っても仕事内容は様々な種類があります。

工場勤務というと、一般的にイメージされるものがライン作業かと思います。

ベルトコンベアに乗った制品や材料を組み立てる作業がこれにあたります。

同じライン作業でも管理する側に回る人もいます。

殆どは正社員が担当する業務といえるでしょう。

他には物流を担当する人、在庫の管理を行う人などが挙げられます。

では、これらの工場に勤めている人はカードローンでお金を借りることはできるのでしょうか?

工場勤務でも消費者金融・銀行などのカードローンによるキャッシングは十分可能です。

安定した収入があり、勤務年数も1年以上あると審査通過は可能といえます。

正社員で働いていれば審査には尚有利と言えるでしょう。

ただし、いくら上記の条件を満たしたとしても、過去に金融事故があれば審査通過は厳しくなります。

例えば、ブラックリストに載っていたり、返済遅延は何度もあったりといったことです。

キャッシングは銀行系カードローンと消費者金融に大別されます。

銀行系は金利が低いので毎月の返済負担が軽くて住むのが大きな特徴です。

また銀行からお金を借りるという安心感も得られます。

低金利で融資を行うため審査はその分厳しめです。

一方、消費者金融は金利こそ高いですが、利用者が多く使いやすいカードローンです。

大手消費者金融のカードローンでは、パートやアルバイトでも安定収入が毎月ちゃんとあれば、キャッシングを行なうことは可能なのです。

また、スピーディーな対応も魅力の1つ。

自動契約機などを利用すれば、土日でキャッシングすることも夢ではありません。

また、平日よる遅い時間帯でも契約しにいけるのも、忙しい人には持ってこいですね。

工場勤務の堅田と土日休みが多いでしょうから、大手消費者金融の自動契約機は非常に心強い存在です。

このように、長期的な目的で借りるのであれば銀行系カードローン、できればスピーディーにキャッシングしたい場合は消費者金融。

この部分に着目して申込先を決めると良いかと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ